« トンちゃんのSEOサービスの活かし方の一例。SEO対策の風林火山 | トップページ | SEOサービスは必ず月初めがスタートになるのでしょうか?対策URL・キーワードの途中差し替え可能ですか? »

2010年7月18日 (日)

サイトボリュームの大きいサイトでは、幾つかのURLが外部から獲得するリンクジュースと内部要因のみで大量のSEO集客も可能

SEO対策ですが、対策するキーワードに関しては、大きめキーワードと比較的上位表示が容易い小さめのキーワードを組み合せたほうが良いです^^。
5URL全てで大きめのキーワードだけを狙ってしまうと、激戦区の場合、上位表示までに時間が必要になる為その間、売上が全く上がらないという事になり、モチベーションがかなり落ちてしまうと思います。
大きめのキーワードは多くても二つくらいに絞って、残りの枠で小さめのキーワードを狙った方が良いです。
その方が投下したSEO料金を早期に回収出来ると思います。

ページ数の多いビジネスホームページやビジネスブログの場合は、5URL全てで大きめのキーワードを狙っていくのもありです。
サイトボリュームの大きいサイトの場合は、直接被リンクを集中させないページも5URLへの被リンク集中が進むに連れて上位表示されるようになります。
外部被リンクを集中させていないページが上位表示されるのは、5URLに集まったリンクジュースが内部リンクを通じてサイト全体に行き渡るからです。

5URL全てで大きめのキーワードで対策すると順位が上がるまでに時間が掛かりますので、5URLの各ターゲットキーワードでは集客出来ません。
しかし、この5URLからリンクジュースを受けた他のURL群は様々なロングテールキーワードで上位表示されるようになります。
ですので、その他のURLからターゲット顧客を集客する事が可能なのです。

ゆえに、サイトボリュームが大きいビジネスホームページやビジネスブログに関しては、5URL全てで大きめのキーワード(ビッグキーワードや難関複合キーワード)を狙うのもありです。

By 企業参謀 兼 SEOコンサルタント トンちゃん

保険見直し相談保険見直し保険相談保険ブログ医療保険見直し生命保険見直し保険代理店

Yahoo SEO格安SEOSEO業者Yahoo SEOGoogle SEO対策

« トンちゃんのSEOサービスの活かし方の一例。SEO対策の風林火山 | トップページ | SEOサービスは必ず月初めがスタートになるのでしょうか?対策URL・キーワードの途中差し替え可能ですか? »

SEOコンサルティング」カテゴリの記事

リンク

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ