« コメント欄の発リンクにrel="nofollow"を付けるべきか?他人の意思で貼られるコメントリンクの扱い | トップページ | 大き目のキーワードの場合、上位表示されるまでに2,3ヶ月かかることはありますか? »

2010年9月23日 (木)

ロングテールに焦点を合わせるGoogleの検索アルゴリズムがヘッドを重視すれば、アクセスが激減するサイトは続出する

>Googleでロングテールキーワード中心にアクセスが大幅に減りました。何か起きてるのですか?

Google検索がロングテールキーワードに対する検索ランキングアルゴリズムの扱いを大きく変えたようです。
一時的な実験のようなものかもしれませんが、現時点では様子を見るよりほかありません。

外部被リンク対策の対象URLのキーワード順位に関してはサイトによっては被リンクを張る事で一時的に順位が下がる事もありますが、それがずーと続く事は通常ありません。
被リンクを張る事で一時的に順位が下がる事は、Googleでは普通の現象ですので心配ありません。
GoogleによるSEO対策人に対するリバースエンジニアリング封じ対策のようなものだと理解して頂けたらと思います。
効果的な被リンクを張っても、すぐに順位が上がって来ない場合がGoogleではあります。

今回のロングテールキーワード中心のアクセス減はGoogle検索のランキングアルゴリズムが大きく変わった事が原因であると見ております。
こちらがSEO対策のやり方を変えていない以上、考えられるのは「ロングテールキーワードに関する検索ランキングアルゴリズムの変化」です。
「Google検索はロングテールキーワードでのURL群のランキング付けのやり方を大きく変えた」ということです。
今後また以前のGoogle検索のランキングアルゴリズムに戻る可能性もあるため、現状は様子を見るしかないと思います。

仮にロングテールの扱いがGoogleでYahoo検索のYSTアルゴリズムのようにヘッドのキーワード重視に近づいたのであれば、アクセス減は避けられません。
Yahoo検索のYSTアルゴリズムに近づくようであれば、今までのようにGoogle検索にてサイト内部の内的要因のみでロングテールキーワードやスモールキーワードで上位表示させる事が難しくなります。
ロングテールやスモールキーワードでの上位表示にも少なからず、外部被リンクが必要になってくるでしょう。

※(後日談。その後、元のGoogleのランキングアルゴリズムに戻りました。
つまり、ヘッドのキーワードでは無く、ロングテールキーワードに焦点を合わせたアルゴリズムに戻ったということです。)

By 企業参謀 兼 SEOコンサルタント トンちゃん

ウエディングドレスの通販屋さんのHP
ウェディングドレスち

ペニーオークションのサイト
オークション ゲームて
オークションな

プレゼント提案屋さんのページ
結婚祝いプレゼントぬ
出産内祝いの

プロDJの出張音楽サービスのページ
パーティー企画に
パーティーDJね

健康サポート通販サイト
自然派化粧品 通販は
卵油ふ

FXの審査の解説サイト
FX学生審査ほ
外為オンライン審査ひ

消費者金融の比較ページ
即日融資へ

« コメント欄の発リンクにrel="nofollow"を付けるべきか?他人の意思で貼られるコメントリンクの扱い | トップページ | 大き目のキーワードの場合、上位表示されるまでに2,3ヶ月かかることはありますか? »

SEOコンサルティング」カテゴリの記事

リンク

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ