« 相互リンク依頼が来ましたが、どう考えたらよろしいでしょうか | トップページ | ロングテールに焦点を合わせるGoogleの検索アルゴリズムがヘッドを重視すれば、アクセスが激減するサイトは続出する »

2010年9月22日 (水)

コメント欄の発リンクにrel="nofollow"を付けるべきか?他人の意思で貼られるコメントリンクの扱い

コメントに関しては、rel="nofollow"無しの今のままでも受け付けたほうが、貴殿の読者様にも貴殿自身にも良いのではないかと考えております。
但し、検索エンジンからの集客を期待する外部被リンク対策の対象となっているページ群はコメント欄は閉じておいたほうが良いです。
外部被リンクを集中させていない外部SEO対象外のページ群に関しては、コメント欄解放で問題無いです。
必要であればコメントのリンクにrel="nofollow"が付くようにテンプレートを一部変更すれば良いと思います。

基本的に貴殿が発リンクを通じて発リンク先URLに評価を渡しても良いと思えるURLがあれば、ご自身の記事の中で言及しリンクすると思います。
これらのリンクには当然rel="nofollow"を付ける必要はありませんが、コメントリンクに関しては貴殿の「意思」でリンクを掲載しているわけでは無いので、検索エンジンに「私の意思による発リンクではありません」という事を伝えるrel="nofollow"を付けるのはありだと思います。
コメント欄はあくまでコメントをする場であるので、rel="nofollow"付与でも何ら問題無いと思います。

記事中リンクとコメントリンクは全く別物で発リンクも性質が異なります。
記事中の発リンクは貴殿の「意思」でリンクしてますが、コメントリンクは貴殿の「意思」でリンクしておりません。
コメント欄のリンクは他人の意思でリンクされます。
ですので、貴殿の「意思」が伴わない発リンクであるコメントリンクにrel="nofollow"を付与する事は悪い事ではありません。

基本的にrel="nofollow"を付ける付けないの判断は「その発リンクが自分の意思によるものなのか?」を基準に考えれば間違い無いです。
「貴殿の意思では無く他人の意思で貼られたコメント欄の発リンクはrel="nofollow"を付ける、貴殿の意思で貼った発リンクにはrel="nofollow"を付けない」というルールでビジネスサイト運営をすればSEO上、マイナスにはなりません。

By 企業参謀 兼 SEOコンサルタント トンちゃん

神奈川県横浜市の保育園
保育園横浜市緑区く

加齢臭の基礎知識が充実のページ
加齢臭シャンプーこ

人形の通販屋さんWebサイト
羽子板き
ひな人形け

ギフト・プレゼントの提案Webショップ
古希祝いさ
傘寿祝いす

NTTのフレッツ光高速回線に切り替えがお得に出来るページ
フレッツ光現金そ
フレッツ光キャッシュバックし

CFDの比較HP
CFDせ
FXオンラインた

飲むコラーゲンを色々見比べられるサイト
コラーゲンドリンクつ

かなり格安のウェディングドレス・タキシード販売サイト
タキシードと

« 相互リンク依頼が来ましたが、どう考えたらよろしいでしょうか | トップページ | ロングテールに焦点を合わせるGoogleの検索アルゴリズムがヘッドを重視すれば、アクセスが激減するサイトは続出する »

SEOコンサルティング」カテゴリの記事

リンク

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ