SEOコンサルティング

2010年11月25日 (木)

キーワード「A」を含む複合ワード群でも、組み合せ毎に別URLを当てて対策したほうが早く上位表示される。YSTでは

>キーワード「A」といった共通のキーワードがあっても、一つの組み合わせキーワードで、それぞれ別のURLを選んだほうが良いのでしょうか?

その方がYahooでは順位が安定して上がる傾向はあります。
1URLで複数対策をするにしても2キーワードくらいに抑えておいた方が良いかもしれません。
貴殿が1URLで3キーワードがご希望なら、1URLで3キーワード対策をさせて頂きます。

URL甲をキーワード「A 流れ」で対策し、URL乙を「A 方法」で対策し、URL丙を「A 効果」で対策する方がYST(Yahoo検索)では早く順位が上がってきます。
これら3つのキーワードをURL甲のみで対策しても順位は上げられますが、上位表示までに逆に時間が掛かります。
基本的に各URLで対策するキーワードを一つに絞り「一点集中」で被リンクを浴びせた方がYST(Yahoo検索)の上位表示では効果的です。

By 企業参謀 兼 SEOコンサルタント トンちゃん - Yahoo!上位表示

埼玉県の派遣会社
派遣埼玉な

埼玉県のホームページ制作会社のHP
seo対策埼玉ぬ
埼玉hp作成の

エステの紹介ページ
脱毛お試しは
エステお試し勧誘ふ

ページURL単位の被リンク数を知る。検索演算子link:
ドメイン単位の発リンク数を知る。検索演算子linkfromdomain:
ドメイン単位の被リンク数を知る。検索演算子linkdomain:
Yahoo検索ユーザーがターゲットならYahoo関連検索ワードでキーワード選定せよ
画像リンクのalt属性内のテキストはアンカーテキストとなる。Yahoo SEO対策とalt属性

2010年11月24日 (水)

検索エンジン登録代行豚とは

>「検索エンジン登録代行豚」(1回25000円、ドメインの異なる中小検索エンジンへの登録申請50件)の25,000円(初回のみ?)

1回に付き25,000円です。
料金は変わりません。
何回でも申込可能ですが、2回目は1回目とは異なるドメインの中小検索エンジンに50件登録申請します。
3回目も1回目・2回目とは異なるドメインの中小検索エンジンに登録申請を50件行います。
今後主流となるGoogle検索エンジンにインデックスされている(認識されている)ページに登録申請しますので被リンク効果が期待できます。

http://seo-pig.com/fee/
詳しい事は上記リンクに掲載しております。

また、http://ameblo.jp/tonchann-seo/ のSEO料金欄の「検索エンジン登録代行豚」にも詳しく登録申請手法を載せております。

月々7000円の「検索上位表示豚」で、サービス提供後も外さない被リンクで貴サイトの基礎体力を養いシッカリとした土台を作り、ターゲットキーワード「A」で5位内が射程距離に入りましたら「検索エンジン登録代行豚」で一気に勝負を付けるという戦い方、もしくは月々7000円の検索上位表示豚のみを利用し、外さない被リンクを確実に時間を分散しながら蓄積して5位以内を達成するという戦い方などがあります。
いずれにせよ、基礎となるのは「検索上位表示豚」です。

By 企業参謀 兼 SEOコンサルタント トンちゃん - Yahoo上位表示

お肌対策ページ
ニキビ跡き

ダイエットと美容についてのページ
シミ化粧品け
安田美和さ

スキンケア情報ページ
保湿化粧水す
毛穴黒ずみそ

ダイエット情報ページ
モリモリスリムし
ヴィーナスラボせ

美容情報ページ
シワ化粧品た
目の下しわつ

痩せる為の情報ページ
レッグクイーンと
モデルダイエット法ち

埼玉県の人材派遣企業のHP
人材派遣会社て

2010年11月23日 (火)

順位を上げ抜くという視点でみると、Yahoo検索(YST)よりもGoogle検索の方が時間が掛かる

順位を上げ抜くという点でいうと、Google検索のほうが上位表示までに時間がかかるのが普通です。
同じキーワードでYahoo検索(YST)とGoogle検索で上位表示させようと思った場合、Yahoo検索(YST)よりもGoogle検索のほうが被リンクを多く必要とします。
昔から「被リンクのグーグル」といわれますが、今でも同じです。
今でも「Google検索は被リンク」です。
「Yahoo検索(YST)はSEO技術」です。

YSTはSEO技術の無いSEO業者が被リンク付けを行っても順位が上がらなかったりしますが、SEO技術の高い業者が被リンク付けを行う場合は順位はGoogle検索より先に上がってきます。
Google検索に関しては、SEO技術が高い業者が被リンク付けを行っても、それなりの「時間」と「被リンクの量」が必要になります。
その為、同じキーワードでもYahoo検索(YST)とGoogle検索で上位表示に必要になる費用は異なります。
時間と被リンクの量が必要になる分だけ、Google検索での上位表示ほうが費用がかさみます。

By 企業参謀 兼 SEOコンサルティング トンちゃん - ヤフー上位表示

歯科医院のHP(虫歯治療・予防など)
新小岩歯医者れ
さいたま市緑区歯医者わ
川口市歯医者ん

遠隔療法によるヒーリングのプロのサイト
遠隔治療を

歯医者さんのページ
世田谷区上野毛歯科あ
さいたま市桜区歯科う
渋谷矯正お
日本橋歯科い
筑紫郡那珂川町歯科え

健康補助に役立つページ
黒酢効果か
血液サラサラく

お肌の問題解決ページ
保湿クリームこ

2010年10月23日 (土)

大き目のキーワードの場合、上位表示されるまでに2,3ヶ月かかることはありますか?

>大き目のキーワードの場合、上位表示されるまでに、2ヶ月、3ヶ月とかかることはありますでしょうか?

はい、ございます。
大きめのキーワードであればYahoo検索(YST)にて3カ月~6カ月くらい掛かるのが標準です。
もっと大きなキーワードであれば、半年~1年以上かかるキーワードもございます。
結果は月額数十万円のSEOサービスを展開するSEO業者でも同じです。

Googleでは比較的早く順位が上がってきますが、あくまでYahoo検索(YST)との比較での話です。
昔に比べると、Googleも被リンクを張ってもすぐに反応して順位が上がるという事は無くなってきました。
リンクが貼られている期間を考慮して、相応の期間リンクが貼られていれば評価を与えるという形になってきたと思います。
いわゆるリンク年齢やリンクエイジと呼ばれるものの事ですが、上位表示ではリンクが貼られている”時間”というものが重要になってきます。

最近の順位反映に関してですが、最初はGoogle検索で反応を示します。
Googleでそこそこの位置まで先に順位が上がってきます。
その後、Yahoo検索(YST)でも順位が上がって来て、そのままGoogle検索での順位を追い抜きます。
そのままYahoo検索(YST)でまず先に上位表示(1位表示および10位内表示)が達成されます。
その後、被リンク付けを継続することでGoogle検索でも上位表示が達成されるといった流れが多いです。

By 企業参謀 兼 SEOコンサルタント トンちゃん

消費者金融の比較用Webサイト
アイフル公式サイトま

キャッシングの比較サイト
即日融資む
低金利ローンも

飲食系のコンサルティング会社HP
飲食 開業み
飲食 セミナーめ

出張してビルなどもまるごと買い取る買取センターのHP
出張買取 東京や

債権問題の解決コンサルタントのページ
貸金問題よ

歯科医師のHP群(虫歯・矯正治療など)
鳩ヶ谷市歯科ゆ
八潮市歯科ら
港区矯正歯科る
熊谷市歯医者ろ
立石日曜診療り

2010年9月23日 (木)

ロングテールに焦点を合わせるGoogleの検索アルゴリズムがヘッドを重視すれば、アクセスが激減するサイトは続出する

>Googleでロングテールキーワード中心にアクセスが大幅に減りました。何か起きてるのですか?

Google検索がロングテールキーワードに対する検索ランキングアルゴリズムの扱いを大きく変えたようです。
一時的な実験のようなものかもしれませんが、現時点では様子を見るよりほかありません。

外部被リンク対策の対象URLのキーワード順位に関してはサイトによっては被リンクを張る事で一時的に順位が下がる事もありますが、それがずーと続く事は通常ありません。
被リンクを張る事で一時的に順位が下がる事は、Googleでは普通の現象ですので心配ありません。
GoogleによるSEO対策人に対するリバースエンジニアリング封じ対策のようなものだと理解して頂けたらと思います。
効果的な被リンクを張っても、すぐに順位が上がって来ない場合がGoogleではあります。

今回のロングテールキーワード中心のアクセス減はGoogle検索のランキングアルゴリズムが大きく変わった事が原因であると見ております。
こちらがSEO対策のやり方を変えていない以上、考えられるのは「ロングテールキーワードに関する検索ランキングアルゴリズムの変化」です。
「Google検索はロングテールキーワードでのURL群のランキング付けのやり方を大きく変えた」ということです。
今後また以前のGoogle検索のランキングアルゴリズムに戻る可能性もあるため、現状は様子を見るしかないと思います。

仮にロングテールの扱いがGoogleでYahoo検索のYSTアルゴリズムのようにヘッドのキーワード重視に近づいたのであれば、アクセス減は避けられません。
Yahoo検索のYSTアルゴリズムに近づくようであれば、今までのようにGoogle検索にてサイト内部の内的要因のみでロングテールキーワードやスモールキーワードで上位表示させる事が難しくなります。
ロングテールやスモールキーワードでの上位表示にも少なからず、外部被リンクが必要になってくるでしょう。

※(後日談。その後、元のGoogleのランキングアルゴリズムに戻りました。
つまり、ヘッドのキーワードでは無く、ロングテールキーワードに焦点を合わせたアルゴリズムに戻ったということです。)

By 企業参謀 兼 SEOコンサルタント トンちゃん

ウエディングドレスの通販屋さんのHP
ウェディングドレスち

ペニーオークションのサイト
オークション ゲームて
オークションな

プレゼント提案屋さんのページ
結婚祝いプレゼントぬ
出産内祝いの

プロDJの出張音楽サービスのページ
パーティー企画に
パーティーDJね

健康サポート通販サイト
自然派化粧品 通販は
卵油ふ

FXの審査の解説サイト
FX学生審査ほ
外為オンライン審査ひ

消費者金融の比較ページ
即日融資へ

2010年9月22日 (水)

コメント欄の発リンクにrel="nofollow"を付けるべきか?他人の意思で貼られるコメントリンクの扱い

コメントに関しては、rel="nofollow"無しの今のままでも受け付けたほうが、貴殿の読者様にも貴殿自身にも良いのではないかと考えております。
但し、検索エンジンからの集客を期待する外部被リンク対策の対象となっているページ群はコメント欄は閉じておいたほうが良いです。
外部被リンクを集中させていない外部SEO対象外のページ群に関しては、コメント欄解放で問題無いです。
必要であればコメントのリンクにrel="nofollow"が付くようにテンプレートを一部変更すれば良いと思います。

基本的に貴殿が発リンクを通じて発リンク先URLに評価を渡しても良いと思えるURLがあれば、ご自身の記事の中で言及しリンクすると思います。
これらのリンクには当然rel="nofollow"を付ける必要はありませんが、コメントリンクに関しては貴殿の「意思」でリンクを掲載しているわけでは無いので、検索エンジンに「私の意思による発リンクではありません」という事を伝えるrel="nofollow"を付けるのはありだと思います。
コメント欄はあくまでコメントをする場であるので、rel="nofollow"付与でも何ら問題無いと思います。

記事中リンクとコメントリンクは全く別物で発リンクも性質が異なります。
記事中の発リンクは貴殿の「意思」でリンクしてますが、コメントリンクは貴殿の「意思」でリンクしておりません。
コメント欄のリンクは他人の意思でリンクされます。
ですので、貴殿の「意思」が伴わない発リンクであるコメントリンクにrel="nofollow"を付与する事は悪い事ではありません。

基本的にrel="nofollow"を付ける付けないの判断は「その発リンクが自分の意思によるものなのか?」を基準に考えれば間違い無いです。
「貴殿の意思では無く他人の意思で貼られたコメント欄の発リンクはrel="nofollow"を付ける、貴殿の意思で貼った発リンクにはrel="nofollow"を付けない」というルールでビジネスサイト運営をすればSEO上、マイナスにはなりません。

By 企業参謀 兼 SEOコンサルタント トンちゃん

神奈川県横浜市の保育園
保育園横浜市緑区く

加齢臭の基礎知識が充実のページ
加齢臭シャンプーこ

人形の通販屋さんWebサイト
羽子板き
ひな人形け

ギフト・プレゼントの提案Webショップ
古希祝いさ
傘寿祝いす

NTTのフレッツ光高速回線に切り替えがお得に出来るページ
フレッツ光現金そ
フレッツ光キャッシュバックし

CFDの比較HP
CFDせ
FXオンラインた

飲むコラーゲンを色々見比べられるサイト
コラーゲンドリンクつ

かなり格安のウェディングドレス・タキシード販売サイト
タキシードと

相互リンク依頼が来ましたが、どう考えたらよろしいでしょうか

>相互リンク依頼が来ましたが、どう考えたらよろしいでしょうか

20個なら20個のサイト同士が相互リンクするリンクファームのようなサービスかと思いましたが、そうではないようです。
依頼主のサイトを予めチェック出来ないので、相互リンクは見送った方が良いかもしれません。

もし、相互リンクをお考えなら、ヤフーカテゴリのディレクトリ検索 http://dir.yahoo.co.jp/ の検索窓に「A」などの貴ターゲットキーワードを入力して検索し、検索結果画面に表示されたヤフーカテゴリ登録サイトに相互リンク依頼を出した方が高い被リンク効果が得られます。
しかし、被リンク効果という点で見ると、貴サイトに向けて一方的に張られるリンクには劣ります。
「真の人気サイトは一方的被リンクを多く獲得している」という考えが検索エンジンにはありますので、相互リンクは一方的被リンクほどの評価は得られないと考えて頂ければと思います。

今回の依頼の件では、相互リンクするサイトが「見えません」のでそれなりのリスクがあります。
効果が見込めそうならば相互リンクしてみるのもありですが、やってみて効果が無ければリンクを外されたほうが良いと思います。

By 企業参謀 兼 SEOコンサルタント トンちゃん

人形の通信販売サイト

ひな人形ら
雛人形通販る

先生に販売するベッドの通販屋さんのショップ
マッサージベッドろ
カイロベッドれ

神奈川県の賃貸比較サイト
茅ヶ崎賃貸り
藤沢賃貸あ

債権問題の解決に強いコンサルティング事務所
債権回収う

人形の通販サイト
羽子板お

エステ比較サイト
ミスパリい
スリムビューティーハウスえ

神奈川県横浜市の保育園
ひよこ園か

SEOだけで無くWeb集客手法としてPPC広告なども併用するのはどうですか?

>SEO対策だけで無く、Web集客手法としてPPC広告なども併用するのはいかがでしょうか?

Web集客能力アップの為にPPCも使いこなせるようにしておいた方が良いです。
スポンサードサーチかAdwordsのどちらかに絞って徹底的に精通した方が売上は上がると思います。
PPCでもポイントは「選択」と「集中」は大事です。
Google Adwordsかスポンサードサーチのどちらかを「選択」してそこに「集中」的に時間や費用や労力を投ずるのが、PPC能力アップへの近道となります。

SEMとSEOでは同じキーワードで上位表示しても集客出来るユーザー層が違う為PPCを打つ意味はあります。
検索結果の広告部分は絶対にクリックしない検索ユーザーがいる一方で、とにかく検索結果の上部から順番に(つまり広告部分の1位掲載サイトから順に)クリックする検索ユーザーも存在するため、PPCも駆使できればSEO集客とは異なる検索ユーザーにリーチする事ができます。
ですので、PPC広告をやる価値はあります。

クリック単価が高く無いのであれば、SEOとPPCは併用したほうが良いです。
金融系キーワードのようにクリック単価が高過ぎる場合は、PPCよりもSEOに注力したほうが良い結果が得られると思います。
これもPPCやLPOへの熟練度次第で結果は変わりますが^^;。

By 企業参謀 兼 SEOコンサルタント トンちゃん

検索エンジン対策検索エンジン最適化

歯医者さんのHP(虫歯治療など)
熊谷市歯科医院
立石歯科へ
川口市歯科ま
新小岩歯科む
さいたま市緑区歯科も

なんでも?まるごと買い取る買取センター
リサイクル買取 東京み

気功で遠隔療法してくれる方のHP
気功療法め

引越し料金の比較サイト
引越し料金の高い時期と安い時期や

2010年9月18日 (土)

ロングテールにフォーカスしたアルゴリズムがGoogle検索。ヘッドにフォーカスしたYahoo検索(YST)

>ロングテールが中心なので、このGoogleのランキングアルゴリズムの大きな変化はちょっと痛いですね。

Google検索はYahoo検索(YST)とは違い、ロングテールキーワードで検索された時にも優れた検索結果を返せるように設計されております。
Google検索は、ロングテールに焦点を合わせた検索エンジンだといえます。
一方、Yahoo検索(YST)はヘッドに焦点を合わせた検索エンジンです。
ヘッドというのは「よく検索されるキーワード」の事です。
テールはヘッドの対となる言葉ですので、想像が付くと思いますが「あまり検索されないキーワード」がテールです。

Yahoo検索(YST)というのはヘッドに焦点を合わせた検索エンジンであるため、基本的にサイト内の各URLを上位表示させるには、各URLに外部被リンクを集中させる必要があります。
一方Googleはロングテールキーワードで検索された時に優れた検索結果を返す事を意識して設計された検索エンジンであるため、サイト内の各URLに外部被リンクが集中していなくとも各URLは上位表示されます。
ヘッドのキーワードではYahoo検索(YST)と同じで、外部被リンクの集中を必要としますが、ロングテールキーワードに関しては外部被リンクの集中をせずとも上位表示が可能な点がYSTとは異なります。

今回のGoogle検索のランキングアルゴリズムの変化はこの「ロングテール」部分に関する扱いの変更です。
Google検索がYahoo検索(YST)のように、ヘッドを重視したランキングアルゴリズムに傾いたため、ロングテールキーワードでの上位表示に外部被リンクが必要になりました。
今まではGoogle検索においてはサイト内部要因のみで、ロングテールに関しては上位表示が可能でしたが、それが困難になったのが今回のGoogleランキングアルゴリズムの大きな変更点です。

サイト内部要因の力のみで集客していたビジネスブログなどはトラフィックが大きく減っているはずです。
解決策としては、Yahoo検索(YST)同様で各URLへの被リンクの集中です。

しかし、今回のランキングアルゴリズムの変更は一時的なものである可能性は高いです。

※その後、以前のロングテール重視のGoogleランキングアルゴリズムに戻り事無きを得ました。
しかし、内部要因だけに頼ったGoogle検索での上位表示手法は非常にモロイという事は忘れないようにして頂けたらと思います。

By 企業参謀 兼 SEOコンサルタント トンちゃん

ネット広告代理店SEM

SEOコンサルタントSEO会社SEOホームページYahoo SEOGoogle SEOBing SEOSEOブログSEO業者

ヤフーSEOGoogle SEO

2010年8月18日 (水)

大きなキーワードでなくても被リンク付け1ヶ月目ではGoogleで「順位があまり動かない」ということもありますか?

>大きなキーワードでなくても、被リンク付け1ヶ月目ではGoogle検索では「順位があまり動かない」ということもありますでしょうか。

あります。
基本的には、Yahoo検索(YST)よりもGoogleのほうが被リンクを付けると早く反応しますが、それでも即座に反応するわけではありません。

(※2010年11月時点での解説をここに追加します。
Google検索では最近は被リンク付けを行っても直ぐに順位に反映されなくなってきました。
時間をおけばしっかり被リンク効果は順位に反映されますが、最近は「時間」が必要になってきました。
外部から張られた被リンクがどれくらいの期間張られているか?というリンクエイジ(リンク年齢)をGoogle検索が重視して見るようになりました。
URLによってはすぐに被リンク効果を得て順位が上がるものもありますが、昔と比べるとそういった直ぐに順位が上がるURLは少なくなったと思います。

被リンクを張ってGoogle検索に認識された段階では、本来10%くらいの被リンク効果しか得られない事もあります。
しかし、時間を置きそのままリンクを外部から張り続ける事でリンク年齢が上がり、リンクの信用度も上がりますので、特に心配はいりません。
時間の経過とともに、徐々に被リンク効果が20%、30%と引き出されて行き、本来の被リンク効果100%に近づいていきます。)

By 企業参謀 兼 SEOコンサルタント トンちゃん

SEO対策問合せ・申込みSEO東京検索上位表示検索エンジン上位表示SEOサポートSEO見積りSEOプロSEOセミナーSEM代行SEM会社SEM対策インターネット広告代理店

その他のカテゴリー

リンク

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ